TODAY: YESTERDAY:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イタリアGP

このレースの焦点は、予選4番手からスタートする琢磨の自身2度目の表彰台なるか!
そしてもう一つが、予選トップタイムもエンジン交換から10番手降格11番手スタートとなったライコネンの追い上げ!

スタート前に台風の影響でCSの電波不調から回線が途切れるハプニングもスタート時にはなんとか回復。
スタート後、路面の悪い偶数グリッドからのスタートの琢磨は、トゥルーリに抜かれるも直ぐに抜き返して4番手キープ。
後方のライコネンは、ストレートスピードの速いビルヌーヴに手こずり11番手のまま各車ピットストップのタイミングに。
先に軽いと予想されていたフェラーリ勢が入り、その後BARのタイミング。
先に琢磨が入り、続いてバトン。
しかし、その後再び琢磨がピットイン。給油されてなかったという・・・何という不運・・・
この後BAR勢はセカンドスティントからペースが上がらずバトンもトヨタ勢に交わされ後退していく。

一方、前方が開けたライコネンはペースアップで追い上げ開始。
そしてピットストップ。ここでたっぷり燃料積んで1ストップ作戦!
しかしピットアウト直後、左リアタイアに異常発生で再びピットイン。
これがなければ優勝の可能性が見えていただけに残念。
ただ、序盤から重たい状態での走行により、タイヤに負担がかかっていたのも否めず、元を正せばエンジン交換が・・・
そこから猛烈に追い上げ、3位フィジケラを射程圏に!というところでスピン。
結局4位でフィニッシュとアロンソとの差は3ポイント広がった。

レースは、後半ライコネンと同様のタイヤトラブルが出たもののモントーヤが粘りきり優勝。
2位にアロンソと相変わらず堅実な走りで最年少チャンピョンへまた一歩前進。
スポンサーサイト

| F1 | 01:11 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://reddevil07.blog6.fc2.com/tb.php/91-e2142e06

TRACKBACK

燃料はちゃんと入れてよね(琢磨より)

イタリアGPはモントーヤが今季2勝目を飾った。琢磨は1度目のピットインの際に燃料が入らずに再度ピットイン。このタイムロスが大きく響き、4位から大きく順位を落とした。何故か不運に見舞われる琢磨。今度はピットクルーのミスか・・・。不運と言えばキミ。予選トップ

| ひとりの独り言 | 2005/09/05 01:16 |

眞鍋さんブログ本感想をTB&F1イタリアGP

ここだけの話はすごい面白かったですし体調の方はファンとして心配してますそれに爪がドクロをモチーフにしてるっていうのが僕もドクロをモチーフにしたブログを使ってるので共感するし是非見に来て頂たいですこの本は3回読んだけど何回読んでも飽きない1冊だし...

| 芸能&スポーツ瓦版 | 2005/09/05 06:38 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。