TODAY: YESTERDAY:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カナダGP

とりあえず少し仮眠して放送開始時間に合わせて起きる。

燃料が比較的軽いであろう、フロントローの二人がどれだけ序盤で後続にマージンを稼げるかが焦点だと思っていたが、スタート直後2列目にいたルノーの2台の猛烈なスタートダッシュにバトンは3番手、ミハエルはずるずる下がりマクラーレン2台の後ろ6番手まで後退。
琢磨もトゥルーリに抜かれ8番手。
これはまたルノーの独走だなと思い寝ることにw

翌日帰宅後録画してあるのを見ると壮絶なサバイバルレースに^^;
まずトップを走るフィジケラがハイドロ系のトラブルで離脱。
変わってトップに立ったアロンソがウォールに右リアタイヤをヒットさせてピットまで戻るもそのままリタイヤ。
これでマクラーレンのワンツーにバトン、ミハエル、トゥルーリと続く。

次の犠牲者は、3番手のバトン。
最終シケインで縁石にのりすぎウォールに激突。
ここは良くぶつけるんだよね。
昔ミハエルもあるし、ビルヌーヴもやったことがあるかな?
ここでセイフティーカー。
続々とピットインをして給油を済ませるも、トップを走るモントーヤがタイミングを逸し、ピットインして出て行ったときに、ピットレーンの赤信号無視により失格処分。
気づけば、前日のトラブルでピットスタートのバリチェロが4位へ。

しかしドラマはこれで終わらないw
3位を走っていたトゥルーリがブレーキの故障でリタイア。
これでフェラーリの2,3位。
これまで完全に運にさえ見放されていた感があったフェラーリにやっと風が吹いてきた?
レースはこのままフィニッシュでライコネンの今期3勝目。

これで今後の展開は面白くはなってきた。
ただ、フェラーリはまだまだ苦労しそうだね。
ブリジストンタイヤも含めてまだまだ問題点もあるしね。
スポンサーサイト

| F1 | 23:06 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

またまた引っ越してしまいました^^;
ここで落ち着きます^^;
宜しくお願いします。

| オーリィ | 2005/06/14 20:28 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://reddevil07.blog6.fc2.com/tb.php/50-cc56426a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。