TODAY: YESTERDAY:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラビュリントスの伝説

ヴェネツィアに新しいクエを貰いに行くと、やっと出ました「ラビュリントスの伝説」。クリス殿とギリシャ神話に出てくる実在の街についてということで、クリス・アデーレ殿を誘って早速アテネへ。グレイ殿からの情報で、アテネ付近にPKが2人いるということで気をつけならが東地中海へ。念のためクレタ島の南側から侵入し、PKがいることを確認してクレタ島を迂回しつつ東側からアテネへ入港。早速書庫で情報収集。


学者に話を聞くと、ラビュリントスというのはクレタ島のミノス王が造らせた迷宮のことだという。ミノス王の妃が産み落としたミノタウロスを閉じ込めるためだとか。
宗教学の本を読むと、ミノス王の父は大神・ゼウス、母はエウロペで、牡牛に姿を変えたゼウスがエウロペをさらい、クレタ島でミノス王が生まれた。ミノス王はポセイドンとの約束を守らなかったため神の呪いを受けた。そして、ミノス王の妻パシパエは牡牛に恋焦がれた子供をもうけたが、生まれたのは半獣半人の怪物だった。これを封じ込めるために、名工・ダイダロスによって迷宮ラビュリントスが造られたとある。同志!
ダイダロスは英雄・テセウスのミノタウロス退治を手伝い、それに怒ったミノス王によってラビュリントスに幽閉されてしまう。しかしダイダロスは、鳥の羽をロウでつなげて翼を作って脱出した。その時、息子のイカロスは太陽に近づきすぎて翼のロウが溶け海に落ちて死んだという。イカロスの話は有名だよね。

そして現地クレタ島のカンディアへ移動。とにかくアテネ付近は危険なので、十分注意しつつ東へ迂回しつつ無事カンディアへ入港。そしてカンディアの学者に話を聞くと、ミノス王は暴君だったようで、脱出したダイダロスを捕らえるためにシチリア島まで追い、逆にその地で死んだという。ってことで今後はシチリア島のシラクサへ。クノッソス宮殿話を聞くと、ダイダロスを追って来たミノス王は、ダイダロスを慕う王女と共謀されこの島で殺されてしまう。その後は、ミレス王の息子が後を継いだものの衰退したそうだ。
これで情報は揃ったので、再びカンディアへ。カンディア郊外から奥地クレタ島内陸へ。
そして「クノッソス宮殿」発見。
クノッソス宮殿
スポンサーサイト

| ノトス鯖・イングランド | 11:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://reddevil07.blog6.fc2.com/tb.php/243-4a3e4907

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。