TODAY: YESTERDAY:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

哲学者と悪妻

アムステルダムで「哲学者と悪妻」を貰う。
これが☆9で、探索と開錠9に考古学11。考古学はブースト装備が必要。
哲学者ソクラテスについて調べて欲しいということで、その妻が悪妻だったというのは本当なのか?とのこと。


早速学者に話を聞きに行くと、ソクラテスの妻はクサンティッペといい、弟子の書物に確かに気性の荒さが記載されているという。その本には








とある。ソクラテスとはいったい・・・w
ソクラテスの方にも何か原因がありそうだが、さらに詳しい話を聞くためにナポリへ。
ナポリの書庫で本を探し、読むと








確かにそうだろうけど、哲学者になんかにならなくていいから幸せになりたいよ^^;
学者に話を聞くと、ソクラテスは本職の石工そっちのけで弁論に身を投じていたそうで、その間きちんと家庭を守ってくれていた妻に感謝してたのではないだろうか、という。
さらに詳しい話を聞くためにアテネへ移動。そして、








ソクラテスは、自ら毒盃あおい死んだと・・・その時の妻の心境とは・・・
クサンティッペは、ソクラテスがもっと自分に目を向けてほしかったから悪妻を演じていたのではないだろうか。
ソクラテスにとってクサンティッペは、家庭を守ってくれる良い妻であったのかもしれないが、クサンティッペからすればソクラテスは良き夫であったのだろうか・・・
そんなソクラテスの遺品があるということでアテネ西へ移動して「ソクラテスの盃」発見。
開錠に失敗しまくったもののなんとか発見。
スポンサーサイト

| ノトス鯖・イングランド | 20:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://reddevil07.blog6.fc2.com/tb.php/228-6e00f73d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。